アロマセラピー(Aroma Therapy)=芳香療法マセラピーについて


レモンやペパーミントの香りを嗅いで気分がスーッとしたり、ショウガやニンニクを調理している香りを嗅いで食欲が湧いたりしたことはありませんか?

森林浴をするとすがすがしい気分になりませんか?

こういったことも広い意味でのアロマセラピーと言えるでしょう。

アロマセラピーでは“精油”を用います。「精油(エッセンシャルオイル)」は、植物からかなりの手間と神経を使ってその植物の芳香成分を抽出するもので、それらの精油には、抗菌、防腐、抗炎症、抗ウイルス作用などがあり、身体や肌、また心に対してもさまざまな効果があります。

ただし、いくらある症状に期待できる成分が含まれているからといって、使用する人の嫌な香りだったら、良い効果は期待できないでしょう。

アロマセラピーで大切なのは、その症状に期待できる成分+その人、その時の心地よい香りを使用することと私共は考えています。

心地よい香りを嗅ぎ、心身がリラックスすることで体の機能がUPし、併せてその精油の持つ成分により免疫力も向上するなどといった働きをしてくれるのが精油です。

精油は薬ではありません。楽しみながら精油とお付き合いする気持ちを大切にしましょう。